不動産を売ったら社会保険料が上がる?

最終更新: 2019年5月29日

不動産活用ブログです。

不動産を所有する人にとって不動産を売った時に気になるのが、「どれだけ税金がかかるのか?」ですよね。

実は税金だけでなく、社会保険料も上がるのをご存知ですか?

これが意外と見落されがちです。

「土地は2年に分けて売ったほうがいいよ、健康保険料があがるから。」という話を聞くこともありますが、実際は人よって違うようです。

たとえば、国民健康保険料は「賦課基準額」に応じて決まることになっています。

前年の所得金額から基礎控除を引いて賦課基準額が決まるのですが、ここに不動産を売却したときの「譲渡所得」が分離課税方式で加算されるため、保険料が上がる仕組みになっています。

こういうことも不動産を売却するときには気にしていきたいですね。


倉敷市国民健康保険課

https://www.city.kurashiki.okayama.jp/7686.htm


詳しい内容はこちらへ(相談無料)






詳しい内容はこちらへ(相談無料)



#不動産活用

#不動産売却

#譲渡所得税

#社会保険料


最新記事

すべて表示

事業用地:倉敷市船穂町船穂、解体更地引渡

県道沿い 所在:倉敷市船穂町船穂2925 他13筆 土地面積:1519.38㎡(459.61坪) 都市計画:市街化区域 用途地域:第一種住居地域 建ぺい率:60% 容積率:200% 価格:1億円 取引態様:媒介 解体更地渡し #売地(土地) #船穂町船穂 #事業用地