古家の不動産活用

「旧家」と呼ばれるような古い家の活用について相談されることが増えてきました。

「適切に維持管理をしていれば使えたのになあ」と感じることもあります。

維持管理状態が重要なポイントですが、古い家ほど良い材料を使用している場合も多く、残念に思う事があります。

「リノベーション」によって「古民家再生」を行うことは循環型社会の実現にとっても良いことですが、住まなくなって年数が経過すると雑草が生え建具が痛み、ロケーションが悪くなり、最終的に取り壊しをしなければならないことになりかねません。

近年の住宅材料の高騰を踏まえ、多少に費用をかけても「今あるもの」を維持管理することが所有する不動産の資産価値を高め、次の世代へ引き継ぐ機会ともなります。

住宅の手入れも人間の心と同じで、「雑草」か生えないように日々手入れすることが大切であると感じました。